2009年09月14日

『疑心暗鬼を生ず』

『疑心暗鬼を生ず』
(ぎしんあんきをしょうず)


心に疑いを持っていると、暗闇の中に、
ありもしない鬼の形を見たりするという意味で、
疑う心があると、何でもないことまで、恐ろしく思えたり、
疑わしく思えたりする。

■出典:『列子杲斎口義』
■類義語:芋頭が敵に見える / 疑えば目に鬼を見る
/ 杯中の蛇影
■対義語:幽霊の正体見たり枯れ尾花
■英:


セカンドライフ

posted by ジンロク at 02:41| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

疑心暗鬼を生ず
Excerpt: ■疑心暗鬼を生ず (ぎしんあんきをしょうず) 【意味】 心に疑いを持っていると、暗闇の中に、 ありもしない鬼の形を見たりするという意味で、 疑う心があると、何でもないことまで、 ..
Weblog: ことわざ大好き!?
Tracked: 2012-07-13 00:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。