2010年12月19日

『六十の手習い』

『六十の手習い』
(ろくじゅうのてならい)


六十歳になって習い事を始めること。
年をとってから勉強やけいこ事を始めること。

■出典:
■類義語:老いの学問 / 七十の手習い / 八十の手習い / 老いの手習い
■対義語:
■英:It is never too late to learn.


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−ろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。