2010年12月10日

『愛多ければ憎しみ至る』

『愛多ければ憎しみ至る』
(あいおおければにくしみいたる)


特別に可愛がられる事が多ければ、
その一方で必ず人から憎まれるようになる。

■出典:『亢倉子』
■類義語:可愛さ余って憎さ百倍
■対義語:
■英:


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 13:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

『仰いで天に愧じず』

『仰いで天に愧じず』
(あおいでてんにはじず)


心に少しもやましいところがない。
潔白であるということ。

■出典:『孟子
■類義語:俯仰天地に愧じず
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

『浅い川も深く渡れ』

『浅い川も深く渡れ』
(あさいかわもふかくわたれ)


浅い川も深い川と同じように、
用心して渡れという意味で、
たいしたことではないと思っても、
慎重にやらなければならない。
油断への戒め。

■出典:
■類義語:石橋を叩いて渡る / 念には念を入れよ
/ 深く取って浅く渡る
■英:Cross a shallow river as if it were deep.


初心者のためのSEO対策

posted by ジンロク at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

『足が地に付かない』

『足が地に付かない』
(あしがちにつかない)


興奮して、落ち着かないさま。
また、考えや行動がしっかりしていないこと。

■出典:
■類義語:
■英:


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

『愛屋烏に及ぶ』

『愛屋烏に及ぶ』
(あいおくうにおよぶ)


その人を愛するあまり、その人の持ち物まで
愛するようになること。
愛する人の家の屋根にいる烏まで愛するようになる。

■出典:
■類義語:屋烏の愛
■対義語:坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
■英:


タレント名鑑BLOG

posted by ジンロク at 01:53| Comment(1) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

『朝焼けは雨、夕焼けは晴れ』

『朝焼けは雨、夕焼けは晴れ』
(あさやけはあめ、ゆうやけははれ)


朝焼けの時はその日は雨が降るという前触れであり、
夕焼けの時は翌日は晴れる前触れであるということ。

■出典:
■類義語:夕焼けは晴れ、朝焼けは雨
■英:


タレント名鑑BLOG

posted by ジンロク at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

『挨拶は時の氏神』

『挨拶は時の氏神』
(あいさつはときのうじがみ)


けんかや口論の仲裁をしてくれる人は、
ありがたい氏神のようなものだから、
その調停に従うのが良いということ。

■出典:
■類義語:仲裁は時の氏神 / 仲人は時にとっての氏神
/ 挨拶人は時の土産神 / 地獄で仏
■英:


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

『彼方立てれば此方が立たぬ』

『彼方立てれば此方が立たぬ』
(あちらたてればこちらがたたぬ)


一方に良いようにすれば他方に悪くなる。
両方同時に良くすることが難しいさまをいう。

■出典:
■類義語:頭押さえりゃ尻ゃ上がる/両方立てれば身が立たぬ
/ 猫が肥えれば鰹節が痩せる
■英:


四字熟語・格言を覚えよう
posted by ジンロク at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

『匕首に鍔』

『匕首に鍔』
(あいくちにつば)


不釣合いなことのたとえ。

■出典:
■類義語:匕首に鍔を打ったよう/小刀に鍔
■英:


初心者のためのSEO対策
posted by ジンロク at 17:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

『雨垂れ石をも穿つ』

『雨垂れ石をも穿つ』
(あまだれいしをもうがつ)


わずかなことでも、根気よく続けてやれば、
成功につながるということ。

■出典:「漢書」
■類義語:愚公山を移す / 泰山の溜石を穿つ
/ 釣瓶縄井桁を断つ/人跡繁ければ山も窪む/牛の歩みも千里
/ 点滴石を穿つ
■英:Constant dripping wears away the stone.


secondlife
posted by ジンロク at 10:46| Comment(0) | ことわざ−あ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。