2012年05月15日

『木で鼻をくくる』

『木で鼻をくくる』
(きではなをくくる)


酷く無愛想に振る舞う。
冷淡にあしらう。
さっぱりする。

■出典:
■類義語:杵で鼻 / 杵で鼻をこする / こっぱで鼻かむよう
/ 立木へ鼻こする / 拍子木で鼻かむ / 木で鼻かむ
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう
posted by ジンロク at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

『九死に一生を得る』

『九死に一生を得る』
(きゅうしにいっしょうをえる)


殆ど死ぬかと思われたような危険な状態を脱して、
辛うじて命が助かる。奇跡的に生き伸びる。

■出典:
■類義語:十死一生 / 万死に一生を得る
/ 万死を出でて一生に遇う / 万死一生
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

『機は得難くして失い易し』

『機は得難くして失い易し』
(きはえがたくしてうしないやすし)


よい機会というものは、なかなか巡り合うことが難しく、
また、たとえ巡り合えたとしても、逃しやすいということ。

■出典:
■類義語:機会は得難く失い易し / 時は得難くして失い易し
■対義語:
■英:


四字熟語日記

posted by ジンロク at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

『木の実は本へ落つ』

『木の実は本へ落つ』
(きのみはもとへおつ)


木に生った実はその木の根元に落ちるという意味で、
物事は全てその元へ帰るものだということ。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by ジンロク at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

『驥尾に附す』

『驥尾に附す』
(きびにふす)


優れた人に従えば、事を成し遂げられる。
先達を見習って行動すること。
自分の行為を謙遜していうことば。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:It's good to follow the old fox.


タレント・芸能MODE

posted by ジンロク at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

『昨日の友は今日の仇』

『昨日の友は今日の仇』
(きのうのともはきょうのあだ)


昨日まで親しかった友が、今日は敵になる。
人の心は変わりやすく定まらないこと。

■出典:
■類義語:昨日の情今日の仇 / 叛服常無し
/ 手を翻せば雲となり手を覆せば雨となる
■対義語:
■英:


四字熟語日記


posted by ジンロク at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

『木に竹をつぐ』

『木に竹をつぐ』
(きにたけをつぐ)


木に竹を接ぎ木することから、
違う性質のものをつなぎあわせること。
調和がとれないこと。
つじつまがあわないことのたとえ。

■出典:
■類義語:竹に接ぎ木 / 木に竹
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

『狐を馬に乗せたよう』

『狐を馬に乗せたよう』
(きつねをうまにのせたよう)


落ち着きがないこと。言うことが当てにならず、
信用できないこと。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:


四字熟語日記



posted by ジンロク at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

『吉凶は人によりて日によらず』

『吉凶は人によりて日によらず』
(きっきょうはひとによりてひによらず)


縁起のよいことや悪いことは、日の良し悪しによるものではなく、
人の行いによるものであるということ。

■出典:『徒然草
■類義語:
■対義語:
■英:


新訂 徒然草 (岩波文庫)

posted by ジンロク at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

『機に因って法を説く』

『機に因って法を説く』
(きによってほうをとく)


相手の能力や素質に応じて適切な説法をするということ。


■出典:
■類義語:人を見て法を説け
■対義語:
■英:


四字熟語日記

posted by ジンロク at 03:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。