2012年08月14日

『匙を投げる』

『匙を投げる』
(さじをなげる)


医者が、これ以上治療法がないとして病人を見放す。
また、救済や解決の見込みがないとして、手を引く。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:

posted by ジンロク at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

『酒買って尻切られる』

『酒買って尻切られる』
(さけかってしりきられる)


酒をふるまった相手に、
尻を切られるような乱暴をされる。
好意を仇で返されること。

■出典:
■類義語:恩を仇で返される / 酒買うて臂切らるる
■対義語:
■英:



ことわざ大好き!?
posted by ジンロク at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

『去る者は追わず』

『去る者は追わず』
(さるものはおわず)


去っていく者を、無理には引き止めない。

■出典:
■類義語:往く者は追わず / 去る者は追うなかれ
/ 往く者は止むるなし
■対義語:来たる者は拒まず
■英:Who can hold that will away?


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

『猿が髭揉む』

『猿が髭揉む』
(さるがひげもむ)


つまらない者が立派な人の真似をして
威厳を繕うさまをあざけっていうことば。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

『采薪の憂い』

『采薪の憂い』
(さいしんのうれい)


病気で薪をとりに行く元気もない、の意。
自分の病気を遠回しにいうことば。

■出典:『孟子
■類義語:負薪の憂い
■対義語:
■英:


「孟子」は人を強くする (祥伝社新書129)


posted by ジンロク at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

『酒に別腸あり』

『酒に別腸あり』
(さけにべっちょうあり)


酒量は体の大きさには関係がない。

■出典:『資治通鑑』
■類義語:
■対義語:
■英:


初心者でも稼げるアフィリエイト


posted by ジンロク at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

『鷺を烏と言いくろむ』

『鷺を烏と言いくろむ』
(さぎをからすといいくろむ)


白い鷺を指して、黒い烏であると言い張る。
白を黒というように、ものの道理を正反対に言い曲げること。

■出典:
■類義語:烏を鷺 / 鹿を指して馬と為す
/ 這っても黒豆 / 雪を墨
■対義語:
■英:


ことわざ大好き!?


posted by ジンロク at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

『最後に笑う者の笑いが最上』

『最後に笑う者の笑いが最上』
(さいごにわらうもののわらいがさいじょう)


はじめ笑っていた者が、最後に泣くこともある。
最後に勝利を収めて笑う者が最高であるということ。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:He laughs best who laughs last.


セカンドライフ

posted by ジンロク at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

『策士策に溺れる』

『策士策に溺れる』
(さくしさくにおぼれる)


策略を立てることが巧みな者は、
策略に頼りすぎて物事の大局を見失い、
かえって失敗する。

■出典:
■類義語:策士策に倒れる / 才子才に倒れる
■対義語:
■英:Craft brings nothing home.


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

『竿竹で星を打つ』

『竿竹で星を打つ』
(さおだけでほしをうつ)


竿竹で星を払い落とすのは不可能なことから、
とてもできるはずのないことをしようとする愚かさの例え。
また、思う所に届かないもどかしさのたとえ。
単に「竿で星」ともいう。

■出典:
■類義語:竿の先で星を打つ / 擂り粉木で腹を切る
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 01:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。