2011年06月09日

『憎い憎いは可愛いの裏』

『憎い憎いは可愛いの裏』
(にくいにくいはかわいいのうら)


男女関係で、憎い憎いと言うのは、本当はかわいいとか、
愛しているという気持ちの表れであるということ。

■出典:
■類義語:
■対義語:
■英:Who loves too much hates in like extreme.


四字熟語・格言・ことわざブログ


posted by ジンロク at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

『日計足らずして歳計余り有り』

『日計足らずして歳計余り有り』
(にっけいたらずしてさいけいあまりあり)


目先の利益は少ないが、
長い目で見れば利益が出ることのたとえ。

■出典:
■類義語:日勘定では足らぬが月勘定では余る
■対義語:
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by ジンロク at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

『肉を斬らせて骨を斬る』

『肉を斬らせて骨を斬る』
(にくをきらせてほねをきる)


捨て身で戦う覚悟のことをいう。

■出典:
■類義語:皮を斬らして骨を斬れ
■対義語:
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ


posted by ジンロク at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

『西も東もわからぬ』

『西も東もわからぬ』
(にしもひがしもわからぬ)


その土地の地理、事情に不案内であること。
また、分別がないこと。

■出典:
■類義語:東西を弁えず
■対義語:
■英:


初心者でも稼げるアフィリエイト

posted by ジンロク at 03:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

『煮ても焼いても食えぬ』

『煮ても焼いても食えぬ』
(にてもやいてもくえぬ)


施す手段がなく、手に負えない。

■出典:
■類義語:酢でも蒟蒻でも食えぬ / 煮ても焼いても噛まれぬ
■対義語:
■英:


タレント名鑑BLOG

posted by ジンロク at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

『濁りに染まぬ蓮』

『濁りに染まぬ蓮』
(にごりにそまぬはちす)


汚れた環境にあってもそれに影響されずに、
清らかさを保つことのたとえ。

■出典:
■類義語:泥中の蓮 / 蓮華の水に在るが如し
■対義語:
■ 英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

『二枚看板』

『二枚看板』
(にまいかんばん)


人の注目を集める自慢の人材が二人いること。
また、その二人。

■出典:
■類義語:
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by ジンロク at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

『二足の草鞋を履く』

『二足の草鞋を履く』
(にそくのわらじをはく)


同じ人が、両立しないような二つの職業を兼ねること。

■出典:
■類義語:
■英訳:


ことわざ大好き!?



posted by ジンロク at 09:29| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

『憎き鷹には餌を飼え』

『憎き鷹には餌を飼え』
(にくきたかにはえをかえ)


刃向かうものを力ずくで屈服させるよりも、
利益を与えて手なずけるほうが良いということ。

■出典:
■類義語:憎い子にはあめん棒くれろ
■英:


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

『憎まれっ子 世に憚る』

『憎まれっ子 世に憚る』
(にくまれっこ よにはばかる)


人に憎まれるような者にかぎって、
世間では幅をきかせるものだという意。

■出典:
■類義語:渋柿の長持ち/憎まれ子世に出ずる/呪うに死なず
■英:Ill weeds grow apace.


セカンドライフ
posted by ジンロク at 10:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。