2010年11月24日

『三つ子の魂百まで』

『三つ子の魂百まで』

(みつごのたましいひゃくまで)


幼時の性格は、年をとっても変わらないということのたとえ。

■出典:
■類義語:雀百まで踊り忘れず / 三つ子の知恵百まで
/ 三つ子の魂八十まで / 産屋の癖は八十までなおらぬ
■対義語:
■ 英:The child is father of the man.


posted by ジンロク at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

『水に流す』

『水に流す』
(みずにながす)


過去のいざこざなどを一切なかったことにすること。

■出典:
■類義語:水にする / 水になす
■対義語:
■ 英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

『水到りて渠成る』


『水到りて渠成る』

(みずいたりてきょなる)


水が流れてくれば、自然に溝ができることから、
学問をきわめれば自然と道が修まるたとえ。
また、時期が来れば、物事は自然に成功すること。

■出典:
■類義語:水至りて魚行く
■対義語:
■英


セカンドライフ
posted by ジンロク at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

『短きものを端切る』

『短きものを端切る』
(みじかきものをはしきる)


もともと短いものを、更に切って短くする。
悪いことのうえに、更に悪いことが起こることのたとえ。

■出典:
■類義語:
■英:


四字熟語日記
posted by ジンロク at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

『三日先知れば長者』

『三日先知れば長者』
(みっかさきしればちょうじゃ)


三日先のことが分かるならば、誰だって長者になれる。
先見の明を持つ人は少ないということ。

■出典:
■類義語:
■英:


タレント名鑑BLOG

posted by ジンロク at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

『右と言えば左』

『右と言えば左』
(みぎといえばひだり)


人の言うことに対して、反対ばかりすること。

■出典:
■類義語:ああ言えばこう言う / 山と言えば川 / 西と言えば左
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by ジンロク at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

『水到りて渠成る』

『水到りて渠成る』
(みずいたりてきょなる)


水が流れてくれば、自然に溝ができることから、
学問をきわめれば自然と道が修まるたとえ。
また、時期が来れば、物事は自然に成功すること。

■出典:
■類義語:水至りて魚行く
■対義語:
■英:


四字熟語・格言を覚えよう
posted by ジンロク at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

『見猿聞か猿言わ猿』

『見猿聞か猿言わ猿』

(みざるきかざるいわざる)


両手でそれぞれ目、耳、口を塞いだ三匹の猿。
余計なことは見ない、聞かない、言わないのがよいということ。
三猿。

■出典:
■類義語:見ぬが仏、聞かぬが仏、知らぬが仏
/ 知らぬがほとけ南無阿弥陀 / 見るは目の毒、聞くは気の毒
■英:


四字熟語・格言・ことわざブログ

posted by ジンロク at 02:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

『味方身びいき』

『味方身びいき』
(みかたみびいき)


味方には、応援や力添えを惜しまないということ。


ことわざ大好き!?

posted by ジンロク at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

『身から出た錆』

『身から出た錆』

(みからでたさび)


自分の行為の報いとてして禍災を蒙る。
自分の悪行が元で、結果として自分が苦しむこと。

■出典:
■類義語:仇も情も我が身より出る / 因果応報 / 自業自得
/ 平家を滅ぼすは平家 / 身から出た錆は研ぐに砥がない
/ 刃から出た錆は研ぐに砥石がない / 刃から出た錆
/ 刃の錆は刃より出でて刃を腐らす / 汝に出ずるものは汝に返る
■英:An ill life, an ill end. / Self do self have.


四字熟語・格言BLOG

posted by ジンロク at 03:44| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。