2011年03月15日

『横紙破り』

『横紙破り』
(よこがみやぶり)


自分の意見を無理に押し通そうとすること。
また、そのような人。

■出典:
■類義語:横車を押す
■対義語:
■英:


四字熟語・格言BLOG

posted by ジンロク at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

『世は相持ち』

『世は相持ち』
(よはあいもち)


世の中は、人と人が互いに助け合うことによって
成立しているものである。


■出典:
■類義語:人は相持ち / 世の中は相持ち
■対義語:
■英:


セカンドライフ

posted by ジンロク at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

『欲の熊鷹 股裂くる』

『欲の熊鷹 股裂くる』
(よくのくまたか またさくる)


欲が深いと災いを招くというたとえ。

■出典:
■類義語:虻蜂取らず / 二兎を追う者は一兎をも得ず
/ 欲すりゃ損をする / 欲する鷹は爪おとす
■対義語:
■英:


四字熟語・格言BLOG

posted by ジンロク at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

『横槍を入れる』

『横槍を入れる』
(よこやりをいれる)


仕事や会話に第三者が横から口出しすること。

■出典:
■類義語:横矢を入れる
■英:


タレント名鑑BLOG

posted by ジンロク at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

『世の中は三日見ぬ間の桜かな』

『世の中は三日見ぬ間の桜かな』
(よのなかはみっかみぬまのさくらかな)


三日見ないうちに散ってしまう桜のように、
世の中の移り変わりが激しいこと。

■出典:
■類義語:滄海変じて桑田と成る
■英:


四字熟語日記

posted by ジンロク at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

『寄らば大樹の蔭』

『寄らば大樹の蔭』
(よらばたいじゅのかげ)


身を寄せるなら、大きな木の下が良い。
頼るならば、勢力の大きなものに頼るほうが良いというたとえ。

■出典:
■類義語:立ち寄らば大樹の蔭 / 箸と主とは太いがよい
■対義語:鶏口となるも牛後となる勿れ
■英:A good tree is a good shelter.


初心者のためのSEO対策
posted by ジンロク at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

『良い花は後から』

『良い花は後から』
(よいはなはあとから)


何事もすぐれたものは、時間を十分にかけ、
あとから現れるということ。

■出典:
■類義語:大器晩成 / 大才晩成 / 早秀は晩成に如かず
■対義語:名のない星は宵から出る / 用のない星は宵からござる
/ しいら者の先走り
■英:


初心者のためのSEO対策
posted by ジンロク at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

『預言者郷里に容れられず』

『預言者郷里に容れられず』
(よげんしゃきょうりにいれられず)


優れた人物も、故郷の人や身近な人からは
理解されないものであるということ。

■出典:
■類義語:人は故郷を離れて貴し
■英:No prophet is recognized in his own country.


タレント名鑑BLOG
posted by ジンロク at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

『弱り目に祟り目』

『弱り目に祟り目』
(よわりめにたたりめ)


困った時に重ねて不運に遭うこと。
不運の上に不運が重なること。

■出典:
■類義語:鬼は弱り目に乗る / 泣き面に蜂 / 病む目につき目
■英:


タレント名鑑BLOG
posted by ジンロク at 12:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

『酔い醒めの水、下戸知らず』

『酔い醒めの水、下戸知らず』
(よいざめのみず、げこしらず)


酔いが醒めて、喉が渇いて飲む水のうまさは、
酒を飲まない人にはわからないということ。

■出典:
■類義語:酔い醒めの水は甘露の味 / 酒はやめても酔い醒めの水はやめられぬ
■英:


四字熟語・格言を覚えよう

posted by ジンロク at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ−よ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。